健康的に痩せたい人へのダイエット方法

リバウンドしない体づくりとは?

ダイエットをする時は、健康に配慮した、リバウンドのしない痩せ方が理想ですが、雑炊を使うことでそんなダイエットが可能です。ダイエットは、食事量のコントロールが重要になりますが、空腹をこらえて食事を減らしているのに、期待どおりにはダイエットができなかったという人もいます。食事制限によるダイエット方法は、実は健康的ではなく、リバウンドの危険性もかなり高いダイエットなのです。この頃は、健康にも配慮した低カロリーのダイエット食を、一回の食事の代用に用いるというダイエットのやり方が注目されています。置き換えダイエットを実践したことで、1日のカロリー摂取量を制限してダイエットがうまくいった方もいます。置き換えダイエットを利用した方法で、食事の内容を雑炊にするダイエットなら健康的に進められます。雑炊にすることで白米を食べることができますし、一回のカロリー摂取量は少なくなりますので、炭水化物の食べ過ぎが予防できます。雑炊は、卵や野菜と一緒につくることで、ビタミンや、たんぱく質など、身体に必要な栄養成分の補給ができます。どうしてもダイエット中は食事が偏るので、栄養素も偏りがちですが、雑炊ダイエットなら大丈夫です。カロリー制限をやりすぎると、お通じが悪くなって、ダイエットがうまくいきづらいことがあります。腸に便がたまりっ放しの状態が続くと、体から排出したい不要な成分が体内に残り、体に対してよくない影響を及ぼしたりします。身体のリズムを崩した状態でダイエットは成功しませんが、食物繊維が豊富にあるこんにゃくや寒天を入れた雑炊にすれば、問題なくダイエットをすすめられます。

 

ダイエットに一番お勧めの運動

効率的にやせることができて、体を痛めない運動に水中ウォーキングがあります。若い頃は代謝が高い体で、脂肪が燃えやすかった人でも、年をとると筋肉の比率が減って代謝が低下します。年をとると身体は老いていき、関節が痛んだり、疲れやすくなったりして、運動をする頻度も少なくなるものです。やせるために運動が必要だと思っても、年配になると意欲が低下してしまいます。年をとってから、やせるための運動をしたいという人は、水中ウォーキングをしてはどうでしょう。水中ウォーキングが、一般的なウォーキングより年配の人に向いている理由に、紫外線の影響を受けずに済むことがあります。浮力のある水の中で運動をすると、腰や膝に重みがかかる心配もなく、水の抵抗があって全身運動ができます。友人と一緒にプールに行ったり、プールに行った先で顔見知りの関係になれるという長所もあります。水中ウォーキングを、やせるための運動という視点でのみ見ていると、飽きてしまうこともあります。ダイエットのためだけでなく、人と会って話したいから水中ウォーキングに出かけるという気持ちでいけば、長続きもさせやすくなります。水中ウォーキングを継続することはやせる効果が期待できますので、水泳が上手にできないという人でも、安心して通うことができます。泳ぎが苦手でも、水の中で歩くだけの水中ウォーキングなら続けることは難しくありませんので、運動能力に関係なくやせる運動ができます。